法人名義クレジットカードのメリットとデメリット

HOME >  法人名義クレジットカードのメリットとデメリット

法人名義クレジットカードのメリットとデメリット

法人カードは利用価値が高い

法人名義クレジットカードは、大企業だけでなく中小企業や個人事業主でも持つことができます。近年では信販会社や銀行が多彩なカードを出しており、発行枚数も年々増加しつつある現状です。法人名義クレジットカードにはメリットが多く、利用価値は高いと言えるでしょう。

小口現金の出納管理が楽に

法人カードを導入する最も大きなメリットは経費の管理が楽になるということです。社員が複数名いる会社であれば、特に有効で、たとえば出張や接待などの経費を仮払いして立て替えし、その後精算するという手間がなくなります。法人カードを社員に持たせて、経費をそこから支払うようにすると、領収書をいちいちもらう手間もなくなります。会社の規模が大きくなればなるほど、小口の現金の管理は煩雑になります。この手間が一気になくなるのは、大きなメリットと言っていいでしょう。

経理業務の1本化

法人カードを導入すると、会計処理が容易になります。法人カードで精算すると、利用したものは毎月発行される明細書に記載されます。カードには社員に持たせたカードそれぞれについて、別の明細書が発行されるため、いつ誰がどこでいくら使ったかが明確に分かります。社員本人の申告が必要ありません。また、経費をすべてカードで決済すると、毎月定められた日に銀行から引き落としになります。現金で経費を精算すると、それに必要な現金を準備しておく必要がありますが、法人カードの決済にすると、そういった手間が要らなくなります。また、支払いまでの期間が長いというのもメリットになります。月末締めの翌月25日払いなどに指定しておくと、最大55日の支払い猶予があります。出張や広告など定期的に大きなお金の動きのある企業にとっては、支払いまでに猶予があるのはメリットになります。

法人カードのデメリット

法人カードは高いメリットがありますが、唯一と言っていいデメリットが分割払いに対応しているカードが少ないことです。従来はほとんどと言っていいほどありませんでした。現在ではJCBなどが分割払いに対応しています。

Copyright(C) 法人名義クレジットカード解説所 All Rights Reserved.