法人名義クレジットカードの審査基準

HOME >  法人名義クレジットカードの審査基準

法人名義クレジットカードの審査基準

一般的な基準

法人名義のクレジットカードの審査基準は、個人向けクレジットカードに比較して若干厳しいと言われています。クレジットカードの審査基準は、各社で機密事項のひとつとなっており、なかなか発表されることはありませんが、一般的には、会社が設立3年以上であることと、2期連続して黒字決算であることとされています。ただ、例外的に設立初年度に審査に通ったという事例も報告されており、基準がどこにあるのか不明な点も多くあります。

固定電話の有無

個人向けクレジットカードでもそうですが、法人向けカードでは最も重要とされているのが、固定電話の有無と言われています。法人カードでは、社員に複数枚カードを用意することになります。たとえば限度額30万円のカードを5枚発行すると、合計で150万円になります。社員数が増えれば、もっと利用限度額は大きくなります。利用限度額が大きくなるので、信販会社や銀行としても審査を慎重に行う必要があります。近年設立される会社には、勤務体制も自由で、連絡はもっぱらインターネットで行うという会社も増えています。あるWeb関連の会社の設立時のエピソードとして、法人カードを作ろうとしたところ、代表者電話番号の欄に社長の携帯電話を入力したところ、審査担当者からの電話で真っ先に固定電話はないのか訊かれたという話があります。その会社は固定電話を引いて、確認してもらい、法人カードの審査にパスしたという話です。

設立3年以上の意味

法人カードの審査で良く言われることに、設立から3年以上の会社でないといけないというのがあります。信販会社が最も恐れるのは未回収です。倒産されたら未払い金を回収できないため、貸し倒れという事態になります。そこで、設立3年未満の会社だと、この先倒産せずに経営できるのが不安を持たれていると考えられます。ただ、近年では設立から1年未満でもカードを申し込みできたという話が多くなっています。財務状況や決算書などを提出して、審査にパスしたという事例は増えています。

Copyright(C) 法人名義クレジットカード解説所 All Rights Reserved.