起業直後でも法人クレジットカードが必要なとき

HOME >  起業直後でも法人クレジットカードが必要なとき

起業直後でも法人クレジットカードが必要なとき

起業直後の法人カード

起業したり独立開業したりする人が増えつつあります。会社を法人組織にして銀行などに金融機関の法人口座を開いて、そこからすぐに法人カードを作りたいと考える人も多いでしょう。法人の設立時に税理士や司法書士などからは、口座の開設は勧められるものの、法人クレジットカードはすぐには無理だと言われるかもしれません。社長の個人名義で別途プライベートでは使用しない会社専用のカードを用意するように言われることが多いでしょう。法人用の銀行やゆうちょの口座を開設するのは簡単ですが、法人名義のクレジットカードの審査に通るためには3年ほどの社歴が必要とされています。

起業直後に審査

近年では、起業して間もない会社にも法人カードが発行されることが多くなっています。各社ともに様々なオプションサービスを展開しており、競争している状態です。そのため従来と比較して審査に通りやすくなっています。審査に通るためのポイントとして、まず固定電話を持つことです。固定電話の有無は、金融機関全般の審査で有効です。社長1人だけの会社で、携帯電話だけということでは、金融機関の審査は通りにくくなります。また、固定電話ほどではありませんが、自社の公式ホームページを作っていると有利と言われています。いわゆるペラサイトと言われる1ページだけのものでも構いません。仕事の実績と会社の概要、問い合わせフォームなどのコンテンツを記載するといいでしょう。仕事の実績のアピールは非常に重要で、実際の会社としてしっかり活動している証拠になります。

おすすめのカード

起業して間もない会社でも法人カードの審査に通りやすいカード会社がいくつかあります。代表的なのがアメリカンエキスプレスです。外資系に特有の審査のゆるさがあり、通りやすい法人カードとして知られています。アメリカンエキスプレスは固定電話も自社ホームページなしでも審査に通ると言われています。ただし、年会費が3万円近くかかります。

Copyright(C) 法人名義クレジットカード解説所 All Rights Reserved.